出会い

あなどれない人間観察の場。それがトイレ。

驚いて陰から見る女性出会い

今まで相当トイレとは長い付き合いだが、本当にお世話になってきた。

なぜか昔から本屋に行くと行きたくなるし、二日酔いの朝は長い時間抱いてしまうくらいのお友達だ。親友のようなものだろう。



若かりし頃、トイレは私にとって様々な信じられない事件に遭遇したり人間模様が見える場所だった。

華やかさの裏側に。



私の最初の就職は百貨店だった。
東北から上京した生粋の田舎者にとって、かなりきらびやかで眩しい職場。自分の価値観とは0がすべてひとつ違う価格の商品ばかりが並んでいた。流行りの最先端が並ぶ売り場。信じられないくらい綺麗なお姉さん達が働いていた。

そんな美しい売り場のバックヤードにあるトイレ。ちょっと遠くにあるトイレの一番奥。

そこは知る人ぞ知る穴場だった。

バブル時代。イケイケの濃いメークをしたお姉さんがたくさんいる百貨店。平野ノラがたくさんいた。私は無縁だったが従業員出入口にはお迎えの高級車が横付けされていた。


踊りに行くだの飲みに行くだの徹夜明けで寝ずに遊びそのまま仕事なんて人がたくさんいた。

そんな時は…

そこの個室は大活躍していた。
一番奥の個室は少し広く棚もあった。座って棚によりかかれば寝れるのだ。

売り場で眠気の限界が来たつわものどもが、仮眠をとる場所だった。

そのせいか人気の個室はいつも先約がいて中からはお昼寝の気配がした。

ある日私はそこのトイレで普通に用を足しふと何気なく壁を見た。

鼻くそがついていた。
それもよく見るとけっこうな数だ。
今まで全然気づかなかったが、かなり年季の入ったものもある。どうやったのか不思議なほどの高い所にもあった。

全然気づかなかった。まじか…


以後そこの個室に入るのをやめた。
犯人だと思われたくなかったからだ。


数ヶ月後。

久しぶりにそこのトイレに入った。なんとなく興味が湧いたのだ。そしてまた信じられないものを見る。

壁に貼り紙があった。


鼻くそつけるな。

人事課



まじか。
見ると壁の鼻くそは前見た時の数倍に増え壁の模様になっていた。



きらびやかな世界の裏を見た。

ありがたいが・・・・



トイレにはまだエピソードがある。

百貨店に入っている清掃のおばあちゃんがいた。今思うとおばちゃんだったのかもしれないが歯が1本もなく腰の曲がったその人をみんなは陰でジジイと呼んでいた。今思うと横山弁護士みたいだった。多分若い人は横山弁護士と言われても分からないだろうが…


キラキラした売り場にはあまり似合わない雰囲気だった為よく注意をされていた。
「お客様がいる時は売り場を歩くな!」

基本的には開店時間前に帰るシフトだったはずだ。動きもにぶく仕事もゆっくりでよく注意されていた。

田舎出身の私は人に適当な挨拶であしらう事が苦手だった。


そもそもほとんどの人に無視されていたその人だ。

私が「おはようございます」と言っただけなのに気にいられたようだった。

バックヤードに行くたびにすごい笑顔の横山弁護士似のばあちゃん。

ある日トイレに入り出てきたらばあちゃんに捕まった。こっそり個室に引き込まれドアを閉め鍵をかけた。

合い挽きをするカップルのように。

「待ってたんだよ早く食べな。」
「あいつらに見つからないうちに」

ばあちゃんのポケットから紙に包まれたミスタードーナツが出てきた。

「いつもあんたは頑張ってるからね。食べなさい」

えーっと……
さっきまでこのばあちゃんトイレ掃除していたが…ゴム手袋で便器磨いてたような…
うーん個室で距離が近い。


「いただきます。」


どうにでもなれという気持ちでドーナツを丸呑みしてお礼を言って大急ぎで売り場に戻った。

まったく腹は壊していないし普通に美味しかった。

数々のドラマがあの狭い所にはあった。

私はきらびやかな世界も好きだが便所でドーナツをくれる優しさもけっこう好きだ。

ぜったい元気でいて欲しい。

ココ

コメント

  1. ココココ より:

    独居房で自分の正気を保つために記してるものみたいな感じですかね(*´罒`*)

  2. ココココ より:

    どっ子さん。スマホある時代なら写真とって見せたかったわー(*´罒`*)
    謎すぎでした

  3. 土偶のどっ子 より:

    壁のはなくそは謎ですね~誰かが意図的につけた??同一犯?複数犯?😅
    高いところについてるのは、さらに謎。気になります(笑)

  4. スティンガー五郎 より:

    昭和から平成にかけてのバブル期のあるあるですよね。
    笑っちゃいました。

    トイレの個室の壁に無数の鼻くそって・・・・・。
    終身刑で投獄された罪人みたいに、用を足してる時にすることがないからやっちゃったんですかねぇ?

    多分、同一人物の仕業だとは思いますが・・・・・。