私について

私について

スマホ脳。頭も性格もわるくなった?

最近。というかスマホを持つようになってから、記憶力が低下してるように感じる。 いつもいつも焦ってばかり。 先日、数ヶ月先にあるアーティストのライブのチケット先行予約を申し込んだ。アプリを入れたりサイトの...
私について

いつもこころにひろゆきを。

自分の考えが1番正しいと疑わないようになってないか。 時々我がふり治せといわれるような出来事がある。 だから自分も含むおばさんは嫌なんです。 つい先日。スーパーでお金を払う際にレジのおば様に少し怪訝な顔を...
私について

いつ終わるか気になって集中できない残念な自分。

なかなか他人に共感されにくいのだが、イベントを楽しめない性分だ。イベントといっても小さいものから超ビックイベントまで色々ある。大きければ大きいほど集中してその楽しい時間を満喫できないのだ。 ウキウキしながらも。 例...
私について

50代。宝くじで一気に解決という誰もが願う夢。

自分ほど宝くじが当たったら有益に使える人はいない。自分ほど宝くじが当たったことを感謝する奴はいない。絶対正気を保てますからお願いしますと神頼みをする。でもそういえば今年は買っていなかった・・・・・・・ 具体的な使い道は決まっている。...
私について

人間関係リセット癖。思うに青鬼もたぶんそれ

陰キャの特技。 勉強も運動もたいしたことがない子供だったが、ひとつだけ得意な事があった。本読み。今で言う音読である。国語の授業で、先生に当てられ教科書を読むのが超得意だった。唯一の輝けるステージである。先生に当てられ...
私について

昔は良かったってよく聞くセリフ。やはり私も言う。

不便なことが好きな変態とよく言われる。 ミニマリストもしょせん流行だが。 ミニマリストを目指している訳ではないがだんだん生活がシンプルになりつつある。ミーハーで便利グッズも流行りのアイテムも大好きだった。でも5...
私について

やってますアピールは恥。消せないトラウマ。

無意識だが人によく思われたい気持ちが強いほうだ。人の役に立ちたい。自分が無能であることを認めたくないのかもしれない。 からまわりしがちな行動。 職場でも、年末年始の夫の家への帰省でも、なにかの集まりでも常に役に立ちたい...
私について

喉から手が出るほど普通に憧れた数年間。

いついかなる時も自分自身の人生に集中していない気がする。無邪気に目の前のことに集中できるのは本当に幸せなことことで、歳をとればとるほど考えは複雑になっていく。 楽しいことをたのしめない。 年末、夫の実家で毎年恒例の餅つ...
私について

嫌ですやりたくありませんはいまだに言えず。

嫌なことは嫌ですとはっきり言える人間を尊敬している。なんか違うことを言われたとしても、「まぁ仕方ないそうなのかもしれないな…」とまず考える。腑に落ちないと思いながらも言えたためしがない。自分の中の違和感。「まいっか」毎回そんな感じだ。 ...
私について

見えない傷。言葉は刃物。

自分の声があまり好きになれない。世の中にたいして自分が常に意識的でその相手との自分という役割を演じている。相手の喜びそうなことを言い、良い人間だと思われようと常にどうふるまえばいいかのアンテナを張る。 他人が不機嫌になったり...