生きる

ふしぎ。ふしぎ。ふしぎ。

生きる

この世には不思議な事があるものだ。


まさかそんなはずないじゃん!

なにかからくりがあるのでは
と思うこともある。

でも本当にあったことだから認めざるを得ない出来事が案外その辺に転がっているものだ。


自分の経験ではないが身近な人に信じられない事があった。

ふしぎなはなしその1


友人の話でちょっと下品な話である。


ある時。

手相と顔相が見れる凄い占い師がいるというのでなかなかとれない予約をしてその日が来たので行ってみた。東京の雑居ビルに友人の友人と二人で行った。


順番で見てもらい二人ともことごとく当たっていたようだ。

ひとしきり鑑定が終わり最後の雑談時に、その占い師が友人に言った。


「あなた体の中心の線のどこかにほくろがあるよ。たぶんだけど大事なところにあると思う。」

そう大真面目に言われたらしい。


友人にしてみれば一気にそいつがセクハラきも親父占い師に見えた。


腹が立って帰宅した。
でもどうしても気になった。
何を根拠にと思いながらお風呂上がりに鏡で確かめたら、まさかの本当にほくろがあった。
ワンルームに全裸に手鏡でしばらくボー然としたらしい。


なんで占い師がそんなことがわかったのか未だ謎である。
もしや一か八かで50%の確率にかけて適当に言ったのかもしれない。そうなると凄く当たるっていう評判も怪しいものだ。

でももし本物でそういう事まで透視できる能力者がこの世に一定数いるならば怖い。
できればその能力を使わないで欲しいと切に願う。

ふしぎなはなしその2


夫のはなし。


夫は一卵性の双子の兄だ。
弟とふたり昭和の悪がきの定番、爆竹花火を子供だけでやった。

いつもそうなのだが、そういう時は必ず夫がヘマをするようで投げた爆竹が自分の着ているTシャツの首のところから中に入ってしまった。


当然のように胸にやけどをした。

こっぴどくおかあさんに怒られたが幸い軽いやけどだったようで大事には至らず、しばらく治療したら快方に向かった。

治りかけにヒリヒリした後、胸にやけどの跡のあざが残った。


そこまでは普通の話だ。

しばらくするとやけどの跡は夫の胸からすっかりなくなった。

数日後。


何かの拍子で弟が裸になっていた時、皆驚愕した。


夫にあったあざが弟に同じ場所にくっきりと跡があったのだ。



全然意味が分からないがこれも嘘じゃなくて本当にあった話だ。
そしてなにより凄いと思うのが夫達双子の中ではこの話が、いまや別にどうってことない話になっている事だ。


そしてさすがそんな双子のおかあさんにもふしぎなはなし。




夫の実家はその昔かなりの田舎だった。
田舎のなかでも本物の田舎で、山、田んぼ、畑、川が広がる昔話みたいな景色。



今ではちょっと近代化してきたがそれでも夜は満天の星空が降り注ぐように広がっている。
高い建物もなく空気が澄んでいるから本当に綺麗ではじめて見た時は感動したものだ。
夏に遊びに行って夜に花火をするといつもお母さんが思い出して言う話がある。

まだ若かりし母だった頃、知り合いのお母さんと星空の綺麗な田舎道を何かの帰りに歩いていた。



おしゃべりしていたら目の前の山が一瞬まるで昼間のように明るくなって、上空からUFOのような巨大な物体がゆっくり降りてきた。

二人は恐怖のあまり手を取り合って震えていたが、しばらくすると目の前にあったUFOが一瞬で跡形もなく消えてまたよるにもどったらしい。


「○○君のお母さんと二人で見たから絶対に嘘じゃないのよ。二人で同時に見た。宇宙に連れていかれるのを覚悟した。」

双子はいつも白目で話半分に聞いているが私はきっと本当だと思っている。
プロジェクションマッピングもない時代の話。




不思議な事があるものだと思う。







ココ




コメント

  1. ココココ より:

    怖かったですねーあなたの知らない世界。
    私なんて怖くて目を開けたままシャンプーを流して、目がめちゃくちゃ痛かったです(˙◁˙)

  2. スティンガー五郎 より:

    まさにトワイライト・ゾーン(古っ!)か世にも奇妙な物語ですね。
    私は夏休みになると放送していた、あなたの知らない世界が好きでした。

    でも、見終わったその日の夜はビビってトイレに行けなかったり、お風呂で頭を洗っている時、ドアの向こうに誰か立っているんじゃないか?って気になって仕方ありませんでした。

  3. ココココ より:

    そうなんですね(⊙ө⊙(⊙ө⊙)
    説明できないこともこの世にはあるんですね(*´`)

  4. そら豆 より:

    不思議な事ってありますね
    私も人に話したことは無いですが ひとつ二つありますから。

タイトルとURLをコピーしました