出会い

その顔はなんなん!言える正直さが好き。

出会い

私は人に本心を出さずいつもヘラヘラとふるまってしまう癖がある。
このヘラヘラや曖昧さを全然許してもらえない手強い友達が数人いる。

手話とろう者との出会い。


10年ほど前に手話を習っていた。
前から興味があったのだが色々なタイミングがあって講座に通った。

講師がろう者でそれを手話通訳が説明するというスタイルだった。
手話は手だけではなく、口の形や表情を使う。
悲しいという言葉を言う時は悲しい顔、嬉しいという時は嬉しい顔をする。

手話講師の教室は落語やチャップリンの映画を見ているようで、毎回笑いに溢れ夢中で学んだ。

よくテレビなどで合唱に手話がついたりするのを見てほのぼのした世界に感じていたが実際は違った。
手話は激しい喜怒哀楽を表現する魅力的な言語だ。



手話とろうの講師達の魅力にどんどん引き込まれた


何度か通ううちにろうの講師やその友達とあっという間に仲良くなった。
皆驚く程に積極的なのだ。
最初のうちは紙に書いての会話が多かった。
早く仲良くなりたくて話したいことを前の日に練習してその場にのぞんだ。

想定問答ってやつだ。
話したい気持ちと恥ずかしさを捨てればどうにかなる。
出川イングリッシュのようなものだ。

ろうの友達と会話をした日はものすごく目と脳が疲れる。
めちゃくちゃ一生懸命になって見るから目がしょぼしょぼになった。それも発見だった。


だんだん仲良くなると飲みに行ったり、一緒にスポーツをする会に誘われて出かけることが増えた。

ろう者は運動神経がいい人が多い。
そして器用な人も多い。

多分聞こえない分を目で見て体で表現したり見た物を再現する能力が高いのだ。
ついでにいうと走り書きした絵なんかもえらい上手い。
研ぎ澄まされた見る力だ。

作ってもらったそっくりなクッキー


実際私は何をやってもかなわなかった。手話だけでなく色々な事を教わった。
そしてお互いかなり真剣にぶつかり合う事もあった。


うまく伝わらないこともあった。




ラインでなにかに誘われた時の事。
たいていそうだと思うが即答できず迷う。
「行けたら行きます。」

こんな言葉で一旦保留にすることがある。
積極性と内向的という2つの正反対な性質のある自分はこの言葉をよく使った。

行きたい気持ちと面倒くさがりで出不精な陰キャな自分で迷い葛藤する。


いつも一旦誤魔化すのだ。



こんな曖昧さは許してもらえなかった。
たいていはラインがまどろっこしくなった相手からビデオ通話がくる。
スマホを見ながらいつもまじかよって感じだった。

思いっきり目を見て手話で聞かれる。
行けるの?
行くの?
書いてる意味わからん。
どっちなのかハッキリして!


言い方がきついんですけど…

ちょ待てよ!

キムタクばりに心の中で思っていた。


でもふだん圧の強い人が苦手な私だが毎回こうなると慣れてきて不思議とあんまり嫌じゃなかった。
白黒ハッキリしていて悪気もない。別に断るなと言ってる訳でもないしただ答えを明確にハッキリして欲しいだけなのだ。

本気でわかって欲しいとお互い感じればこそのぶつかり合い。
このやりとりから影響を受けて私は無意味な保留や曖昧に誤魔化すことを前よりしなくなった。

普通にある差別。



この仲間と出かけて気づくことも多かった。店だったり公共の施設等で全員が聞こえないと思い込み、差別的な事を平気で声に出して言う人もいた。
手話を使っている私が聞こえているとは思わなかったのだ。
見た目で分からない障がいならではの事だ。そんな時知らないふりをしてさんざん喋らせておいた。私だけに聞こえる悪口でかなり不快なこともあった。そんな時は帰りがけに大きな声で言った。


「色々ご親切にありがとうございます。皆に伝えときますね」
笑顔の私に相手は心底驚いた顔でビクビクしていた。本気で健常者が上の立場と勘違いしている人もまだいるのだ。
こんな事は1度ではなかった。

数年前に障がいのある人への合理的配慮が法律で義務になったが実際はなんともイマイチな感じだ。

そんなまだまだだとおもうはなし⤵



またある時。

私は仲間に貧乏だった自分の過去や辛かった話を笑い話として話したりした。
そして彼らの幼い頃から受けてきた差別の歴史も聞いた。
彼らの過去の辛さは私の辛さとは比にならないくらいひどかった。
夜が更けるまで語りあったが 、言われた事がある。

理不尽だった過去に今の自分が負けている場合ではない。
やりたい事をやる。まだまだ見た事がない物をたくさん見てから死なないともったいない。
私は聞こえないから見たいし体験したい。食べた事がないものは食べてみたい。
できる範囲で限りある人生楽しむべきだ。悩む時間がもったいない。
そんな感じの事を手話を使って熱く語った。


いつまでも前に進めないでいた自分にとってこの貪欲でポジティブなエネルギーは眩しかった。
そしていい意味で感化されていった。

あるものでどうにかする。


そういえば昔一緒にキャンプに行った。
調味料担当の私がサラダ油を忘れて行って大騒ぎした。
ごめんごめんとへこんでいた。
すかさずドレッシングの上のほうで分離した油を使って炒め物をしていた。
機転が利くのだ。

「あるものでどうにかできる。頭使え!おばか」こう言われぎゃふんとなった。


友達は海岸の流木を子供達に競走で拾わせる。それで棒パンを作った。
子供もいつの間にかジェスチャーで平気でコミュニケーションをとっている。
小さい子供には最初から壁がないのだろう。
ろうの人達のうますぎる身振り手振りにミスタービーンを見ているような大爆笑して遊んでいる。
ほおっておいてもどうにか会話ができているのだ。

全てがワイルドで生きる力に溢れていた仲間だった。

会う機会が減って随分たつ。
どうしてるかな。

いつかまた絶対会いたいと思う。



ココ


コメント

タイトルとURLをコピーしました