罪悪感

鏡の法則。蹴りたいあの時の見栄っぱりな自分。

罪悪感



見栄を捨てれば楽になる。
でもなかなか捨てられず、
かっこつける自分がいる。

人目を気にする狭い世界のじぶん。



小さい時に数年間住んでいたあばら家。
マフラーに穴があいてバイクのような音のする父の車。
小学校から高校まで同じで錆だらけの自転車。
大声で話す酒飲みの父。



自分のそれまでの事を知らない都会に出てからは自由だ。
今まで恥ずかしかったことすべてがおいしい笑い話のネタになった。
同じ事で、同じ自分なのに置かれた環境で違う気持ちになるのだ。


飲み歩き友人と騒ぎ、自分勝手に笑って暮らすある日、父からの電話があった。
その電話を皮切りにあれよあれよという間にせっかく建てた家がなくなってしまい
私は家のない田舎に帰った。

いっとき精神的ダメージはかなりあったが離婚なんて珍しくもない。
その頃は、全く恥ずかしくはなかった。
安アパートで母と弟と3人。
毎日あいかわらずふざけながら笑って暮らした。

お金はなかったが仕事場は面白い人ばかり。
今思い返しても楽しいと感じて過ごしていた日々だ。

娘は母親に影響されやすい。

何年かたって母は年をとってきた。

月日が流れるにつれ少しづつ母の言動の細かな事が気になりだした。
それは本当に些細な事なのだ。
過去に持っていた失った物や、出来た筈の出来事への執着だった。



母の同僚や知人とのおしゃべりの話を聞く時。
旦那の愚痴だったり、庭の植木の話だったり、自宅の台所の話だったり
皆が当たり前に話す家や家族に関する話に敏感に反応していると感じた。

ただの会話でも受け取る側の気持ちがすさんでいるとただの愚痴は幸せ自慢に聞こえるのだろう。
一度手に入ったものを失うのは辛い。

もちろん周りは気づいてないだろうが私だけが気がついている負の感情。




何年かたってアパートから家賃の安い団地に引越しをした。



おそらく終の棲家になるであろう団地。
家を建てたときには団地に住むとは思っていなかったであろう母。
あきらめきれない想いからか母はなかなかその場所になじめなかった。

そんな母を見て考えた。
私ではなく父と苦労すればよかったのではないだろうか。
気持ちをぶつけて喧嘩しながら2人でなんとか乗り越えたのではないだろうか…

いや、無理だった。結局お金なんだ。宝くじさえ当たればすべて解決するのに。
いつもこの2つを行ったり来たり考えた。

ようやく理解した母の気持ち。



20代後半で私は結婚した。

結婚の際、夫の両親が団地に挨拶に来ることになった。
申し訳ないくらい狭い居間で頑張って高級寿司を頼んで、その時を待った。
到着するなり団地の居間はものすごい人口密度になった。


和やかな時間が流れる。
母の作った赤飯とお吸い物も並べた。
皆で食べながら、赤飯を褒めたり、部屋の植物の話になった。
母親同士でお互い少し気を遣い合いながら、料理の話や同じ世代の昔の話で盛り上がった。


優しい配慮のあるご両親。
喜ぶべき縁談のはずなのだ。


嫌な人も馬鹿にする人も1人もいなかったのに帰った後で、勝手に恥ずかしいと感じていた。
ちっぽけだったがあの失った家にご両親を招待したかったと心底感じた。

結婚がきっかけで、はじめてそんな事を感じる自分に戸惑った。

案外、というか、
かなり自分は見栄っ張りだった。

ありのままで生きるべき。




結婚は家と家だというが、結婚を通して幾通りもの我が家のやり方がある事を知った。
経済によって、価値観によって、育った環境によって違いがあって正解なんてないはずだ。

夫の親族で集まるとき。
私は我が家のやり方を見栄を張って少しづつ綺麗に盛って話した。

20代の頃 周りに面白おかしく話して聞かせた貧乏話とやばい親父の話。
友達を笑わせていたテッパンネタ話を封印したのだ。

今思うとそれは自分の過去も何もかもを否定することだった。

あんなに見栄をはって人並みなフリをする必要なんてなく
堂々と貧乏ネタを笑いに変える人間でいればよかった。



不満そうに見えた母の姿は、合わせ鏡の自分だった。

失ったものへの執着を捨てることで人は楽になる。

すでに自分はたくさん持っている。
そんな風に考えるほうが幸せだ。

これからはありのままで生きていけたらと思う。




    ココ


コメント

  1. Maya より:

    誰に対しても、同じ自分を正直に見せる必要はないと思っています。相手の反応を心地よく受け止められないと感じる時には、盛って話したっていいし、封印ネタを話せる人には、ありがまま心を開く。自分にしか出来ない経験からの学び、ってありますよね。

  2. ココココ より:

    五郎さんこんにちは。

    今の生活で十分幸せで、誇るものがなにも無い分、恥じるものも何も無い心境に落ち着きました

    これは最高に名言だと思いました。

  3. ココココ より:

    てんてんさんこんにちは。
    なるほどです。
    自分にどのくらい満足してるか、
    今が幸せか
    色々感じ方が変わるかもしれないですね。
    私も少しづつ変わりたいなと思います😊

  4. ココココ より:

    アスポンさんこんにちは。
    やはり嫁姑なんで、そりゃもう気をつけてました笑
    よく思われようと必死でした(о´∀`о)
    いいかげん適当でいいかなと思い始めた今日この頃です。

  5. ココココ より:

    プリ様
    見栄っ張りは向上心の裏返し(⊙ө⊙)
    名言だと思いました。
    確かに(/ω\*)
    そして煩悩が減って行くのを考えると歳を重ねるのも楽しみに感じます。
    ゆったり構えて生きていけたら最高です。

  6. primex64 より:

    見栄っ張りは向上心の裏返しでもあるので、必ずしも否定されるべきでないし、また若い頃の恥ずかしい思い出として埋設する必要もないと、個人的には思いますよ。。ま、歳取ると煩悩が徐々に減少するためか、現実とはフランクに向き合って生きられるようにはなりますけれどね・・。それはそれで加齢の弊害だと思うし、どうしたものか・・ww

  7. 若い時って、今より見栄っ張りです。
    今は見栄を張るのは面倒なだけで意味がない事に気付きます。
    誰しもがそんな時期があるんですよね。

    結婚の際の挨拶。
    団地が恥ずかしかったんですね。
    直接、バカにされたわけでもないのに…。
    勝手に自分で恥ずかしくなるのは、ありますよね。

    お母様だって、団地に中々馴染めなかったんですよね。
    自分の家というものに執着を持ってしまうもんですよね。
    きちんとした家がいいという考え方はどうしてもありますね。

    旦那さんの親族の集まり。
    友人なら貧乏ネタを披露して笑いをとるのはありですが、
    婚家となると事情は違ってきますよね。

    姑等には負の要素は隠しておきたくなります。
    見栄っ張りとも違うかもしれません。

    相手によって気楽にありのままでいられる相手と
    身構えるしかない相手がいるような気がするんですよね。
    だって嫁姑の間柄ですよね。
    夫の親族って身構えちゃうものです。

    友人ほどありのままでいるのは難しい・・・
    しかし、長く付き合う可能性の事を考えると、
    いずれメッキが剥がれるので、
    事実よりも、よく見せたり見栄をはるのはやめた方が良かったでしょうね。

    ありのままはいいけど、身構えるべき相手にかわりはないです。
    友人に言う感覚で負の情報、
    笑いをとるような下品なエピソードは控えた方がいいですね。

    でも、田舎から都会に出てきた時は、
    過去の貧乏話を笑いのネタにするほどなんですよね。
    苦労も笑いのネタに出来るといいけど、
    でも現在進行形の苦労は笑ってすますのは難しいですね。

    いつか、笑えるようになると考えれば、楽になりそうです。
    ほとんどの苦痛は、見栄をはる事が大きな原因な気がしますから、
    ありのままで生きると随分楽になりそうです。

  8. てんてん より:

    恥ずかしかったことを笑い話のネタに出来るのは素敵なことですね
    今が良ければ、昔の貧乏だった時代が笑えると思います。
    今が苦しければ、昔は良かったと卑屈になるのかな~
    苦しい今を受け入れて認めることが大事なのかな~
    僕は若い頃描いていた人生を実現できなくて、下回ってしまいました。
    ついつい卑屈になってしまいます^^;
    人並み以上の生活は出来ていると思うんですが、もっと上の生活をしたかったな~
    僕も見栄っ張りですね^^;
    「ありのままに生きる」そして自分のダメなところを笑い話に変える努力をしてみようかな♪

  9. スティンガー五郎 より:

    若い頃は自分の身の回りにある物質的なものの見栄えやブランドなどが、そっくりそのまま本人の評価価値基準になっているような気がしていましたよね。

    戦後、国民は中流になった!
    この世相や思想が脈々と受け継がれ、それが今や勝ち組と負け組という言葉に別れて息づいているような気がします。

    物質的なもので優越感に浸るのは一番簡単な方法ですもんね。
    それなりに努力して今の生活水準であれば、もうそれを受け入れざるを得ない年齢になってしまいました。

    若くて時間が有り余るほどあるなら、今よりももっと生活水準をあげるべく努力すればいいんですものね。

    今の生活で十分幸せで、誇るものがなにも無い分、恥じるものも何も無い心境に落ち着きました(笑)。

  10. ココココ より:

    Nick Ollieさん
    そうなんだよね。
    若さってなんであんなによく見られたがるのかって思う。
    私は特別それが強かったかも。
    でも歳と共に変わるよね。

  11. ココココ より:

    鳥天さんを見習わなきゃなー。
    ってか、最近はコロナ禍もあって人と比べるってよりいかに居心地よく暮らしていけるかだよなー。

  12. ココココ より:

    どっこさん。
    そうなんですよ。
    人はそれほど気にしてないんですけどね。
    今は部屋は寝れたらいいタイプになりました。
    価値観って変わりますね(*’ω’*)

  13. ココココ より:

    マーシャさん
    何か小さい事を気にして見栄張ってました。
    今は今の自分のいる場所が快適ならそれでいいじゃんって思えるようになりました。

  14. Nick Ollie より:

    特に若い頃は、必要以上に自分や自分のいる環境を良く見せようとしてたなー。
    年を重ねる毎にその見栄がなくなって、大分ラクチンになってきた。

  15. 鳥天 より:

    私も貧乏で途中から母子家庭で育ったけど、失ったものを嘆くより自分で働いて得たものが増えるのがうれしかったなぁ~。でも、両親揃ってきれいな家で育った友達を、羨ましいなぁってちょっと妬んだりはしたな(*´艸`)

  16. 土偶のどっ子 より:

    嫌な人も馬鹿にする人もいないのに、勝手に恥ずかしい、みじめだと感じる自分。わかります~、私、ずっと今までそんな感じだった。
    「ふつう」であることが、今よりももっと求められる時代でしたよね。男は家を建てて一人前みたいな時代だったので、持ち家じゃない人はなんとなく貧乏の側だった気がします。うちもバリバリ借家でしたから。
    自分が大人になったのと、世の中の価値観が多様化してきたので、今は昔に比べたら、気持ち的には楽に生きてるかなぁ😊

  17. きままなマーシャ より:

    今と違いその頃は大なり小なり
    似たような環境も多かったのではないかなって思います。
    人によく見られたい、見せたい。
    自信のまだない若さゆえのものかもしれませんね^^
    今はありのままで生きる術も覚えて楽になりました。

  18. ココココ より:

    賢く見られたい(о´∀`о)わかるわぁ。
    でも案外他人は自分を気にしてないと最近気づく。
    好きなように生きなきゃ✌(´>ω<`)✌

  19. ココココ より:

    なおさんこんにちは。
    がんばるモチベーションにするのはいい事でもありましたよね(*´ч ` *)
    お金で手に入らないものもあるんだなと、最近は思います。

  20. なおさん より:

    私が子供の頃、家にお金がなく苦労したので働ける歳になってから直ぐに働いてお金を手にしました。
    お金さえあれば幸せになれると、信じてたし見栄もはってましたね。
    貧乏とかお金のないやつと思われたくなくて。
    お金は有るに越したことないけど、それだけとは違うって気付くのに時間が掛かったように思います。

  21. たき子 より:

    見栄かー。
    着るものや住むところではないけど自分を賢く見せたいとすることはあるなあ。
    賢くないから賢くみせたいんだろうなあ。
    コンプレックスの裏返しなんだろうね^^;

  22. ココココ より:

    五郎さん
    そうなんですよー。
    ありのままって案外難しくどうしてもちょっぴりだけ見栄はったり盛ったりしてる自分がいます(-.-)

  23. スティンガー五郎 より:

    私も子供の頃は貧しい生活をしていました。
    借家は暗く、狭く、汚らしく・・・・・。
    今から考えても、よくもまぁ、あんな倒壊寸前のオンボロアパートに住んでいたなぁ~としみじみ思います。

    私の妹など、「高校に入学するまであのままの家に住んでいたら絶対グレていた」と後々になって白状していました。
    そうでなくても高校時代はかなりぶっ飛んだ生活様式を好んだ、いわゆるちょっとヤンチャな妹でしたが(笑)。

    何が普通なのかがイマイチ判然としない時代だったので、自分が住んでいたアパートは「ボロい」という認識しかなかったのですが、悲惨だとは思っていませんでした。

    今思えば悲惨もいいところだったんですけどね。

    時の流れがいろいろな思いを記憶の中から薄めてくれて、その当時感じていたマイナスの感情をフワっとしたものに置き換えてくれたようなきがします。

    ありのままで生きるって難しいですよね。
    今感じていることが、数年後にはきっとなんでも無いと感じられるようになるとわかっているんですが、どうしても今の状態を何かと比べてしまいます。