出会い

順番に親切のお返しを。

出会い

20代は危なっかしくフワフワと生きていた気がする。全くしっかりしていなかったあの頃。

人って優しい。



おかしな事をするたびに見知らぬ人に助けて貰うことも多かった。


ほんの些細な事でも助けてもらった事は忘れない。
幸せなことに助けてもらうたびに優しさを心に刻むことができた。
世の中にはあんがい親切な人が多いと思う。

今はスマホがあって情報も多く便利だし若者は賢い。道を訪ねる必要もあまりない。
私のような危なっかしい20代はもういないのかもしれないし助ける機会はたぶん少なくなった。


大人の優しさや見知らぬ人の親切にも警戒しなければならない時代にもなった。
それは少し残念な気もする。

小心者なのに大胆な行動。



20代。
2,3年暮らしたくらいでは都会にまったく土地勘はなく電車に乗ろうにも切符もスムーズ買えず路線図をいつまでも眺め途方に暮れるような田舎もんだった。


その日は午後から前に住んでいた神奈川のある土地の市役所に行った。
よくわからない税金の催促の封筒が届き、電話では埒が明かないので思いきって直接聞きに行ったのだ。

市役所は混んでいて思いのほか時間がかかり帰るころには夕方近くだった。
おとなしく駅に戻って帰ればいいものを懐かしい町を少しブラブラしたくなった。

実はアパートの自分の部屋に変質者が入って泣く泣く退去したいきさつがあって、そんなに長く住めなかった町だった。

正直そんなに土地勘もなく歩いているうちに自分がどこを歩いているのか全くわからなくなった。

この癖はいまだにあるのだが 知らない町も無計画に歩き、途中から汗びっしょりになって小走りになるなんていつもの事だった。


迷っているとバス停があった。
とりあえず疲れたのでベンチに座って休む。

時刻表を見ても全く分からない地名が並んでいた。
上京した田舎もんは暮らしそのものがどこか旅気分だ。
知らない景色を見るのが楽しい。


ちょうどバスが来たので適当に乗ってみた。
なんとかなるだろう。


普段は電車でしか移動しなかったし、当時は車を持っている知り合いもいなかったのでバスに乗っての移動は新鮮だった。


「聞いたことがある場所か、駅にでも着いたら降りよう。」

そんな軽い気持ちでバスに乗っていた。
気分は旅行者で窓の外を眺めていた。

しばらく走る。
景色が流れる。
歩き疲れた体に適度なバスの揺れ。
気持ちよく乗っていた。
・・・・・


次の瞬間。

自分が今どこで何をしているかわからない状態で気づいた。

景色を見ているうちにすっかり爆睡していたようだった。
随分寝た感じがして、辺りを見ると真っ暗でバスの乗客は私1人だった。
もっさりした寝起き状態で頭が働いていなかったがさすがに焦った。

「あの、すみません降ります」


運転手さんは大声で


「びっくりした!! いたの?!」そう言った。


運転手さんのちょうど真後ろに座っていたので、全然いたことに気づかなかったようで回送してまさに今車庫に入る寸前だった。もう少し起きなかったら車庫の中のバスで一人目覚めるところだった。


大ピンチ。
恥ずかしすぎて最寄り駅を聞き謝って降りようとしたら


「本当は怒られるからこのこと絶対言わないでね。どこなのか分からないだろうから送ってあげる」



まさかの駅まで運転手さんがバスで送ってくれた。
バスの料金を払ったかさえもあやふやだ。
そしてやはり全く訳の分からない駅に着いた。



娘には寝る神経がありえないし迷惑だしヤダそんな人と言われる。

行き当たりばったりの悪い癖。




渋谷のタクシー乗り場。


終電をのがしタクシーを待っていた。

そっと財布を見ると、自分が帰りたい場所までは心配な残高だった。
お金をおろしてなかったのか、とにかくドキドキしながら待っていた。


ついてから払えばいいかとも思ったが、万が一家にあるお金で足りなければ厄介だと思った。
恐ろしいほどの無計画だったと思う。
クレジットカードが使えるタクシーが来ればいいと思っていた。


タクシーの長蛇の列で、あと少しで順番が来る時まだどうするか迷っていた。
後ろの人に、

「次のタクシーがクレジットカードが使えなければ先にどうぞ」

そう言っておいた。
サラリーマン風の男性だった。

タクシーがいよいよ次という時。
後ろの人がそっと私の肩を叩いた。

「これで乗って帰りなさい。もう二度とこんな時間にお金も持たずに危ないことしちゃダメだよ」
そう言って1万円を手に持たせた。

突然のことにびっくりしてお返しするのでお名前と住所を教えてくださいと言ったらこう言った。


「あなたが大人になったら今度は自分より若い子にやってあげなさい。こういうのは順番だから。ほら気をつけて早く帰りなさい」


そう言ってタクシーにお願いしますと言って乗せてくれた。


かっこよすぎる。



今となってはどちらの方もどんな人だったかも顔も覚えていないけど、親切にされた恩は一生忘れない。


きっとこんな事ができる優しい人は幸せに暮らしているだろうしそうであって欲しい。

親切な大人。



50代。
あなたが優しくされたり親切にされたのはそれはきっと若かったからと言われる。


ならばおばちゃんはこれからは親切にする側になればいい。
もらった優しさと親切を、どんどん人に分けれるようにかっこよく生きたいと思う。



ココ

コメント

  1. ココココ より:

    そうですよね。
    機会があれば自分のできる範囲で親切にできればと思います。

  2. 匿名 より:

    どんな時代も親切にしてくれる
    人はいるし自分も困ってる人見たら
    親切にしてあげたい。

  3. ココココ より:

    本当にあの時代は景気が良かっただけでなく、今より他社に対して寛容だったような気がします。
    豊かさは心の余裕にもつながりますよね。
    今は便利ですが、自分もですがスマホの画面ばかりを見て周りの人を見ることがないように感じます。
    若者たちが希望を持てるように景気も含めいい時代になってほしいものです。

  4. 匿名 より:

    タクシー待ちで男性が1万円を渡してくれた話とても良かったです。
    その時代はバブル期で人々に余裕のあった時代なのかもしれません。
    余裕があれば他人にも目を配ることができますが、今の時代は……。
    もちろん、景気に関係なくその男性は初めから素晴らしい方だと思います。
    景気が良ければ、人々の生活や心も良くなっていくのでは?

  5. ココココ より:

    お返ししないとって思いますよね^^;

  6. ココココ より:

    私も言ってみたいてみたいですが
    無理かもなぁ一万円は^ ^😬

  7. 匿名 より:

    自分も。色々親切受けて
    わかります!
    親切受けた時はほんとに幸せ感じますね。
    自分もそうなろう!って思います

  8. スティンガー五郎 より:

    小説に出てきそうな格好の良い男性ですね。
    私もそうありたいと願うばかりで、現実はスマートさの欠片もない人生です。

    言ってみたいなぁ~・・・・・そんな台詞。

タイトルとURLをコピーしました