感謝

罪悪感

田舎娘の恥ずかしい若気の至り。

誰にでも後悔している事が1つくらいはあると思う。普段は忘れていてもなにかの拍子に思い出すと、あーあとため息が出る出来事がある。 高校3年の秋 田舎から都会に就職試験を受けに行く事になった。 夜8時に出発する高速バ...
出会い

あなどれない人間観察の場。それがトイレ。

今まで相当トイレとは長い付き合いだが、本当にお世話になってきた。なぜか昔から本屋に行くと行きたくなるし、二日酔いの朝は長い時間抱いてしまうくらいのお友達だ。親友のようなものだろう。 若かりし頃、トイレは私にとって様々な信じられない事...
子育て

他人の期待にこたえるために生きなくてよい。

年の瀬はなにかやり残したような気持ちに毎年なる。テレビをつけると悲しいニュースばかりでなんだか気持ちがズドンと落ちてきた。これはいかんと思いチャンネルを変えたらM-1が始まった。それと同時に普段はLINEをしても既読さえなかなかつかない離...
出会い

辛い旅路。明日は街に出よう。

50歳過ぎてからばばあになってきたのか天気に気分が左右されやすくなってきた。と、思ったら前からだった。特に冬の寒くなり始めは駄目だ。今日は一日中暗い気持ちだった。ずっと一人の方に思いを馳せる一日。この年齢になると1年間で1度も喪服を着ない...
子育て

愛情のこもった食事。それ以外はあまり必要なかった

子育ては悩む事が多い。特に自分が個性的な親に育てられた影響で、子育ての正解が分からなかった。必死になりすぎて身勝手な絶対君主のような母親になってしまうこともあったように思う。 自分の体裁ばかり。 自分のようなみじめさ、...
私について

嫌ですやりたくありませんはいまだに言えず。

嫌なことは嫌ですとはっきり言える人間を尊敬している。なんか違うことを言われたとしても、「まぁ仕方ないそうなのかもしれないな…」とまず考える。腑に落ちないと思いながらも言えたためしがない。自分の中の違和感。「まいっか」毎回そんな感じだ。 ...