母について私について

山のような料理と母親のきもち。

母について


月餅を30個も作った。
月餅を作るのは今月これで3回目だ。
前回までは1回で10個だったが、毎回好評ですぐなくなった。

「美味しい」

珍しく夫が言った。

もう飽きてるかもしれないのに作っている。
ぐるぐる考えながら。





最近。

夫は三叉神経痛とやらで、時々頭痛がある。
夏にはコロナ。そして謎の足の痛み。
今年はこういう年なのか。


たいした事はないと言われたらしいが、痛いようだ。
心配だしなんだか気持ちがへこむ。


なので黙々とひたすら美味しいと言った月餅を作った。



ひたすら作るおかず。




母親とは家族の誰かが、

「うまっ!」
と褒めてくれるといつまでも覚えている。



母も姑もそうだ。

母はよく人参の子合えを作る。


「これ大好きだったよね?」

といつも言われるが、正直そこまで大好きではない。
でも好きだと言ってありがたく食べる。

過去の自分、小学生あたりの自分がある日食卓で「おいしい」と言っておかわりしたのだろう。
そして、母はそれをずっと覚えているのだ。

姑を見ていてもそうだ。

無表情で黙々とたいして感想も述べずに食べる夫が、何の気なしに
「うめぇ」と呟こうものなら、そのおかずが以後、何度となく登場する。




美味しいものを食べさせたい。
喜ぶ顔が見たい。

小さい点のような心配事が芽生えた時も
母親はひたすら料理をする。



最近は母や姑の気持ちが良く分かる。




入院前夜の晩餐。

私は高校生の時に1ヶ月入院した。
当時、しょっちゅうお腹が痛くなっていた。
原因不明のじんましんもよく出て、
掻いてお腹周りにみみず腫れができたりしていた。

普段は元気で能天気に過ごしているのに急に「腹が痛い」と言う女子高生。

「また痛いの?」
最初、親は呆れてたぶん怠けや思春期の嘘だと思っていた。

それでもある日、念の為に病院に連れていかれた。
午前中検査をしてから、午後に学校に行った。
遅刻して学校に行くのがラッキーくらいの気持ちで病院に行ったのを覚えている。


その日、学校から帰ると母は忙しそうに台所にいた。
そしてやけに饒舌に感じた。


鍋から湯気が立ち上る狭い台所。
せわしなく料理する母親。
珍しくもない光景だったが、なにか様子が違うのは並んでいる料理が尋常ではない量だった。

皿に積まれたいなり寿司。
肉も魚もある。
玉子焼き、人参の子合え…
生地を一気に入れてフライパンの大きさに焼いたデカいホットケーキ。

どうしたんだろう。



「明日、入院の準備して病院に来なさいって」

意味が分からなかった。


検査の結果は一週間後のはずだったが、先に出た結果が悪く電話が来て入院して細かく検査をすると言われたらしい。

肝機能の数値が異常で、じんましんが出るのはそのせいだった。
十二指腸潰瘍もあり入院してからなぜか肺炎も発症した。
色々と弱っていたが原因不明。


結果としては1ヶ月の入院で回復したからたぶん大したことではなかったのだろう。




どうしよう。
きっと大丈夫だ。
どうしよう。
食べさせなきゃ。
行ったり来たりぐるぐる考えながらひたすらこしらえた大量のおかず。

せわしなく作りながら頭を整理する時間。

ご飯が食べれる平和な時間。

「これ美味いな」

家族のその言葉を決して聞き逃さない。

「もっと食べなさい。」

山盛りに盛られたご飯。


最近になってようやくあの気持ちが分かるようになった。


                  ココ









コメント

  1. ココ より:

    てんてんさんコメントありがとうございます。
    どこのお母さんも食べさせなきゃって張り切ってしまうのですね(^^♪
    奥様もそんな気持ちなのかもしれないですね。
    やはり気持ちのこもった料理が並ぶと嬉しいものですし、力が出るような気がします。
    検査、ガンバです!

  2. てんてん より:

    2人の母もそうでした。
    今は高齢になって料理は作らなくなりましたけどね
    大量に作る料理!気持ちは嬉しいですけどね そんなに食べれないって^^;
    妻も同じような気持ちなのかな
    僕が検査入院すると言ったら、その日の夜はステーキでした。
    なんだか嬉しくなりました。

  3. ココ より:

    Taniさんコメントありがとうございます。
    人を喜ばせたい優しいお母様なのですね。
    例え人が良すぎて利用されていたとしても、やはり素敵で偉大なお母さんというかんじがします。

  4. Tani より:

    こんにちは、私の母もそうでした。
    ただ、母の場合、家族だけではなく、人に何かをあげてちょっと褒められると疑うことなく、いつまでも続けていました。
    こちらは、本当にそうなのかなと、気になったことを思い出します。(^_^)

  5. ココ より:

    Nick Ollieさん
    気がついたら大量生産してた(笑)
    そんなに好きじゃないって
    そんなぁ(,,> <,,)だよね😭

  6. Nick Ollie より:

    この美味しそうな月餅の山は、ダンナ様への心配の表れなのかー。
    自分も、子どもやダンナが美味しいと言ったらずっと覚えてて作ったりする。けど、子どもが2才くらいの時の好物を作ったら、今はそんなに好きじゃないんだけど、、、と言われて、ひそかにちょっと落ち込んだりして、、、

  7. ココ より:

    ひでぴんさん。
    母には複雑な感情も様々あるんですが、
    やはり感謝です(*´ч ` *)

  8. ココ より:

    Mayaさん。
    月餅褒められて嬉しいです。
    よく見ると形バラバラなんですが、簡単でナッツ大量にいれて作るとめちゃくちゃ美味しいです。
    なんとかして気持ちをあげなきゃと思う今日この頃です(*´ч ` *)

  9. ひでぴん より:

    親心ですね😌
    というか母心ってやつでしょうか。
    自分のこともふり返り、
    ありがたい気持ちになります。

  10. Maya より:

    色形、じつに美しい月餅!手作りするという発想はなかったです。どこかが痛いのが続くと、気力の消失に周りも同調してしまうことってありますよね。自分の事を思い、お料理を作ってくれる家族の存在、旦那様の気力が高まりますように。。。

  11. ココ より:

    五郎さん痛みって気持ちを萎えさせますよね。
    最近は気弱との戦いです。
    食べて元気だしていかなきゃ

  12. ココ より:

    鳥天さん。
    そうなのよ。
    帰って来た時、少し落ち着けと言われるくらい食べさせようとする(*´ч ` *)
    月餅めちゃくちゃ簡単。

  13. ココ より:

    プリ様
    歳をとってもなお作り続けるお母様の気持ち。
    なんだか切ないです。
    有難いなぁと最近は思います。

  14. ココ より:

    やよいさん。
    自分が母ちゃんになってわかる感覚。
    そうです。
    世界中の母は頑張ってるよね✌(´>ω<`)✌

  15. ココ より:

    アスポンさんこんにちは。
    アスポンさんのブログきっかけで作り始めた月餅。
    本当に簡単に美味しいんでハマってます。
    ありがとうございます(*´ч ` *)

    小さい頃は好き嫌いあったんですが、言えないのが昭和の家庭でしたよねヽ(*´∀`)ノ

  16. ココ より:

    Akazukinさん。
    美味しいは聞き逃さないのが母ですね(*´ч ` *)
    私もしつこく作ってます(*´ч ` *)

  17. ココ より:

    Samさん。
    月餅はめちゃくちゃ簡単なんですよ(*´ч ` *)
    そして、お母さんに山盛り食べさせてもらうのに感謝しなきゃですね(*´ч ` *)

  18. ココ より:

    どっ子さん。
    そうなんです。
    食べすぎると胸焼けするし、太るし
    それが困るよねぇ(о´∀`о)

  19. ココ より:

    マーシャさんコメントありがとうございます。
    母はやはり偉大なものなんですね(о´∀`о)

  20. きままなマーシャ より:

    月餅、おいしそうですね(*^。^*)
    旦那さまの痛みも不安も
    きっと遠くへ飛んで行ったでしょうね。

    人はおいしいものを食べると幸せになりますね。
    不安な気持ちも怒りもいつしか小さくなって
    体も心もホカホカ。

    最初に教えてくれるのは母。
    やさしく偉大ですね。

  21. 土偶のどっ子 より:

    自分が母親になって、はじめて子どもにたくさんおいしいものを食べさせてやりたいって気持ちがわかりますよね😊
    私も実家に帰ったら、たくさん好きなもの、甘いものが出てきます。
    嬉しいんですが、こっちはもう中年💦健康診断の数値も気になるところで😅
    親にとっては私はいつまでも子どもで、いくら食べさせても大丈夫だと思っているのでしょう‥。
    親世代は食べ物がない時代に育ったので、栄養をつけさせなきゃ❗と思うみたいですね。でも、今となってはその逆で、糖尿病にならないか心配(笑)
    ありがたいことなんですけどね🤭

  22. sam より:

    手作りの月餅美味しそう(^^)自宅で作られるなんてすごいなぁ✨ココさんが入院になってお母さまかなり心配されたでしょうね。うちの母親もいろいろ作ってくれるのでたまには感謝しないとf(^_^;

  23. AKAZUKIN より:

    「美味しい!」って言ってもらえたら、やっぱり嬉しいですよね〜^_^
    お母様のココさんを思う気持ちがすごく伝わってきました。
    ココさんのご家族を思う気持ちも。

  24. 30個の月餅…Σ(・ω・ノ)ノ!
    今月だけで三回の月餅とは凄いです!!
    私が月餅を作った期間は離れているんですよね~。
    立て続けの方がブランクが出来ないのでモノづくりにはいいのですねぇ…(^^♪

    旦那さんは月餅が気に入ってくれたんですね。
    ちなみに月餅は男性陣にウケるお菓子ですね!
    友人にプレゼントした時もパートナーさんの方が気に入っているふうでした。

    人にウマい!と言って貰える事は嬉しい事ですね。
    それをいつまでも覚えている気持ちは分かります。

    お母さんがよく作るという人参の子和え…きっとおいしいし心温まるものですね。
    ココさんは優しいですね、
    「これ大好きだったよね?」といつも言われるけど、正直そこまで好きではないけど、
    スキ♥と言って有難く食べるとは…(´艸`*)

    過去のココさんが、美味しいと言った可能性があり、お母さまは
    それが嬉しくいつまでも覚えてるんですね。

    子供時代は、栄養バランスに親もうるさいので、
    スキ嫌いが許されないし、好き嫌いの多い人は我儘だと言われるので、
    私はスキ嫌いを言わないように我慢していました。
    今は平気で嫌いなモノは「嫌い」という癖にこの頃は、我儘と思われたくなくて我慢してました。
    その我慢が原因で、好きなオカズだと勘違いされた事もありました。
    もしかしてココさんも子供時代は、我慢しがちで、何でもおいしそうに食べていたのでは
    ないかなぁ…と、思いました。

    お姑さんも同じで、「うめぇ」と言われると、
    その後、何度も食卓に出すんですね…(´艸`*)

    私の友人も親の前で、好きだと伝えると、
    何度でも出されるんだと言ってました。

    どこの親御さんも美味しいモノを食べさせて
    喜ぶ顔が見たいのですね…(*´ω`*)
    今のココさんには、そんなお母さまや姑さんの気持ちが分かるんですね。

    お母様のよく作る人参の子和えには、
    高校の時の入院前のエピソードがあったんですね。

    高校生の時、大変ですね。
    蕁麻疹やお腹が痛い事がよくあったんですね。

    入院前にお母様は、ココさんの好物をたっぷり並べたようですね。
    大きいホットケーキや稲荷寿司や肉魚のごちそう
    何と人参の子和え!!!

    人参の子和え・・・入院前の晩餐に登場させているとは、ココさんの好物と信じていますね。

    1ヶ月も入院とは、結構、長いですね。
    手術で入院するより長いですね。
    内蔵機能を整えるのは結構時間かかりますね。
    肝機能の異常に十二指腸潰瘍に肺炎…病気が多いから
    一ヶ月で済んだのは短いのかもしれませんね。

    入院と聞いて、お母さまが一生懸命、料理をこしらえた真心がいいですね。
    娘が入院では心穏やかではなかったはず…
    とにかく美味しいモノを食べさせないと・・・と、思ったんですね。
    当分、入院で家の食事は食べられません。

    山盛りに美味しいモノを作ってくれたお母さまの気持ちは心温まります…。

  25. やよい より:

    あーーーーー❗
    めっちゃわかるー❗
    お母さんも料理しながら気を落ち着かせようとされている雰囲気。
    入院したら質素な病院食になるから、違う意味入院する前に栄養付けさせなきゃ、万が一の悪いことも頭をよぎるから好きな物を沢山食べさせたいと思う母心。

    「美味しい」のひとことが聞きたくて   
    そういう料理家はほとんどですね。
    料理を作る人は「美味しい」その一言で、報われる努力。

    今日も明日も毎日、世界中の母は努力していますよ。

  26. primex64 より:

    うちの場合も似たような感じで、特に戦中の食糧がなかった時代を過ごした祖母は料理への希求が凄かった。母親も同様で少しでも美味しい、との素振りを見せたものは確実に覚えていてリピートして作り続けた。歳とって認知症ぎみになり、記憶が混乱したまま見たこともない料理を大量生産するようになった・・。

  27. 鳥天 より:

    ホント、母親って食べさせたい人種だよね。夫にはそうでもないけれど、子供には食べさせることが使命だわって感じ。月餅良いなぁ~クルミと杏子入りのが好きだな!

  28. スティンガー五郎 より:

    体の何処かに痛みがあるだけで、心の中の様々なポジティブ要素が根こそぎ強奪されていきますよね。
    気弱になって身も心もボロボロになっているとき、やっぱり家族の笑顔と、自分の中にある食の原風景が何よりの滋養になったりすると思います。

    「美味しい!」と言って喜んで食べてくれた料理は、作った側からするととても嬉しく、また誇らしく、ありがたく感じてくれるものなんでしょうね。

    こういった料理が日々の生活の中で増えていくたび、食の原風景の裾野が広がるのだと思います。