新着記事

私について

開始と共に終わりの時刻が気になる面倒な自分。

なかなか他人に共感されにくいのだが、イベントを楽しめない性分だ。イベントといっても小さいものから超ビックイベントまで色々ある。大きければ大きいほど集中してその楽しい時間を満喫できないのだ。 例えば。たまの休みに1人で映画を見に行...
孤独感

死を考えるのは生きる事について考える為。

めちゃくちゃ不謹慎なのだがお悔やみ欄を見るのが好きだ。別に亡くなった方を見て喜ぶのが趣味なのではない。年齢を重ねるごとにお悔やみ欄に様々な人生を感じるようになってきた。お悔やみに30年会ってない父の名前が掲載されていたらと少し緊張しながら...
母について

思い出しては怒る母。つまらない事こそ許せない。

突然何かのきっかけで嫌な気持ちになるスイッチが、女には多い気がする。嫌な事があった時の季節とかその匂いとか、物や場所とかで一気に嫌な気持ちが再現されるのだ。わけの分からない急な不機嫌や、急なテンションの低下は女の場合だいたいそれだろう。 ...
許す心

親子はお互いを傷つけ心をえぐりながらしか生きられないのだろう。

母方も父方も共に祖父は長生きだった。母方の祖父は何事にも厳しく怖かったようだが私にはいつも優しかった。祖父には後妻がいて私は大人になるまでその人が自分のおばあさんなのだと思っていた。 母の思春期に後妻として迎えられ育ててくれた人は数年で癌...
タイトルとURLをコピーしました