私について

かっこつけても結局私はいつもオチ。

私について

人に舐められる事が多い。
べつに尊敬される程のじんぶつではない。
でも、
それにしてもと思うことがたまにある。

デビュー初日から。



高校を卒業して上京し寮生活のスタート。
皆、社会人デビューしようとかっこつけるのに必死だ。
上京の日は会社から指定されていた。
最寄り駅で自動改札の使い方を指導された。
筋金入りの田舎ものが、心臓バクバクで改札を通った。
夜になり、田舎から今日上京して来た40人が寮の食堂に集められた。


先輩や寮の管理人さんから言われる心構えを神妙な面持ちで聞く。
朝食の配膳方法を習いながら夕食をお盆に乗せて自分の席に戻った。

田舎からきたばかりの娘達は、ケミカルジーンズ率高めだった。
どの顔も緊張の面持ちで聞いている。

私は最初から気になっている事があった。

私の座る端っこのテーブルのちょうど対角線上の端っこにいる女。
まぶたが真っ青なアイメーク。プールから上がったかのような紫の口紅。

始まった時から目が合っていた。
バッキバキに目が合う。
ガンを飛ばしてきていた。


「何?」
「こいつは敵なのか?」


田舎もん同士が目で牽制し合った。

先輩から1人ずつ自己紹介をしてくださいと言われて端にいたその女から始まった。
その時に好きなテレビ番組と好きな食べ物も言えと言われた。
なんてことはない事を言わせてぎこちない雰囲気を打ち解けさせようとしたのだろう。


例の女はトップバッターだった。
少し緊張の面持ちで無難に当たり障りのない自己紹介をした。


皆、緊張からかびっくりするくらい1人目が言ったのと同じテレビ番組を好きと言った。

私もねるとん紅鯨団が好きです。
私も同じでクレープが好きです。

つまんね。
なんか違うこと言おうよ。
ずっとなにか面白いことがないか考えていた。


端っこの私の番が来た。大トリだ。

気の利いたなにか違う事を言う気満々で、その女をギラギラ見ながら立ち上がった。
なんて言おうかな…


その瞬間勢いよく立ちすぎた。椅子が私の立つ早さについていけなかった。
はいていた犬の顔のスリッパの裏の滑りの悪さもあって思いっきり体が斜めになりよろけた。
目の前の味噌汁に手が当たってテーブルが大惨事だった。
椅子から立ち上がるという当たり前のことで急に転んだ私を見てみんなが息をのんだ。


え、え、えー嘘だー。すんませんすんません。



そこら辺のテーブルから一斉にティッシュが飛んできた。
ふきんを持ってきてくれた人もいればずっと笑っている人もいた。
あの女もめちゃくちゃ笑っていた。
先輩も管理人さんも笑っていた。


「えっとサザエさんとホヤが好きです。」

なんかグダグダで微妙な感じに自己紹介は終わった。

いつもこんな感じだ。

おっちょこちょいはいまだに治らない。




ちなみにあの時殺し屋のような目でガンを飛ばし合った女。
ふつうに仲良くなった。
第一印象が悪いやつほど仲良くなったりする。

なんでわたしだけ?



舐められるのは思い返すと人間だけではなかった。

高校生の時。
夜中に家を抜け出して友達の家に集まった。田舎の農家は農機具とか置いてる物置の2階が子供部屋になっている家があった。そこは周りが田んぼでいくらでも騒げるたまり場だった。

明け方にこっそり帰る時、そこで飼われている老犬はいつも私にだけ異様に吠えた。
誰にも興味なさげに前足にあごをのせて、人が通ってもチラ見するだけのその犬が私にだけは喉が枯れるほど吠えるのだ。

なにか怪しく見えるんだろうか。
後ろに霊でもうじゃうじゃいるんじゃないって言われた。


他にもある。
家族で牧場に遊びに行った。
ポニーの散歩体験をした。
可愛い小型ポニーで大きい犬くらいのサイズ。頭に赤いリボンがついていた。
太いリードを持ってのんびり牧場を散歩した。長女、長男と順番にリードを持った。
次女はまだ小さいので夫と持った。
次は兄妹3人でリードを持つ。


パカパカとゆっくり歩くポニー
ゆっくり時間が流れていた。
のどかな時間だった。

「お母さんも持ってみたら…」
「お母さんはいいよ」
「えー楽しいし簡単だよ」
「いいよ、終わっちゃうから。」
「大丈夫だよこの子おとなしいし。やってみて。」


子供達に勧められしぶしぶ交代することになった。
私にリードが渡された瞬間にポニーが急に大きなため息のような呼吸をひとつした。

「え?なに今の?」

びっくりした瞬間。
ポニーが急に走りだした。
もうたまらないという感じで焦っている。さっきまでポニーはずっと前を向いてのんびりと歩いていたのに。

きっと背後の会話を聞いて、リードを持つのが私に変わったと察したのだろう。
私が持った瞬間の大きなため息。
そして暴走。


なんでなんで?

夫が全力でリードをひいて助けてくれた。



ずっと私はこうだった。


人に舐められる。
動物にも。


でも緊張されるより全然いい。

こいつ馬鹿だな。
この人がいるから大丈夫。

楽しそう。


そんな感じの人でいるほうが自分には合っている。



ココ

コメント

タイトルとURLをコピーしました