私について

すみません。落ち着けといわれてもたぶん無理です。

私について

うまれつきのおっちょこちょい。

物をなくすのが得意でいつも捜し物をしている。
持ち物全てに[iphoneを探す]みたいなのがあればいいと思う。

落ち着きがなくおっちょこちょいなのだ。
忘れ物もひどい。
そしてこれは完全に遺伝だ。

スーパーに自転車で行き、歩いて帰宅なんて日常茶飯事。
次に自転車を使うまで忘れてきたことに気が付かない。

この前は車で歯医者に行った。駐車場が満杯で仕方なく歩いて5分の図書館に停めた。
思ったより治療が早く終わりその日は久しぶりのいい天気だった。

「そうだこのまま散歩だ。近頃運動不足だし。貴重な晴れを有効活用だ!」

気分よく川沿いや公園を歩いた。わざと歩道橋を昇り降りして汗をかいた。
途中で飲み物を買いにスーパーに入った。
より負荷をかけてトレーニングになるよう飲み物を5本買いリュックに入れて歩く。

スマホを見るととっくに10000歩超えていた。
クタクタになって家に着いた。

今日は歩きすぎたから後はのんびりしよう。

家に着いたら駐車場に車が停まっていない。


は!車………

再び車までのウォーキングが始まる。


友人や職場の人はエピソードを笑ってくれるが 、家族は笑いながらもひいている。
少し怯えた感じになる。

うえにはうえがいる。



この感じは母もそうだった。
思い込みが激しく早とちりでおっちょこちょい。本当にたまったもんじゃないっていうエピソードだらけだ。

ある日老舗菓子屋の前を自転車で通りかかった。
店頭に出した台に今日はカステラの切れ端が袋に入った物がたくさん並んでいた。

「あらー珍しい。買いたいわー」

用事の途中で急いで自転車を漕いでいたので寄らなかったがカステラは大好物だ。
戻ろうか迷ったが急いで用事を済ませた。
自転車を爆速で漕いで店に戻ったがあいにく完売だった。

あんなにたくさんあったのに!
こんな短時間で完売?

諦めきれずに店に入りカステラの切れ端まだありませんかと聞いてみた。

怪訝な顔で言われる。
そんなものうちの店では売ってませんけど。
そもそもカステラなんて扱ってないし。
老舗和菓子屋ではカステラなんて作っていない。


嘘だ。そんなはずない。
朝に見た。
たくさん台に並んでたのを朝見たんですけど。
しつこく食い下がる母。

よくよく聞いたら、そこのおばあちゃんが自分ちの漬物の準備で並べていた大量の白菜だった。


「す、すみませーん。」


食い気味で言ったのが恥ずかしくて超特急で逃げ帰ったらしい。

見間違いにも程がある。

母の青春のはなし⤵

受け継がれる遺伝子


そして私の娘2人ににもきちんと遺伝した。
特に次女はひどかった。

数年前。
吹奏楽の県大会があった。
隣の県の大会に行く前の日。

お泊まりに浮かれまくっていた娘に言った。
「制服をかばんに入れるの忘れないようにね」

「はいはい分かってるってばうるさいなあ」

ばばあって聞こえたような気がしたが…
まあいっか。

翌日ウキウキで出発した。

そしてその翌日。
今頃リハーサルかなと思っていたら先生から電話が来た。

「スカートだけ忘れてきたそうです。」
「なければ残念ながら出れないです。」

これはまずい…

「今から届けます」


駅まで自転車を漕いだ。うちから20分以上かかった。
汗びっしょりで新幹線に乗った。
次はリハーサル会場の学校までタクシーに乗った。
場所を告げると駅からタクシーでけっこうな距離と金額だった。
痛い出費だった。

そして着替えが終わってなければいけないギリギリの時間に練習校に着いた。
やっとのことで間に合った。

届けると同時に拍手が沸き起こる。
1人だけセーラー服に短パンの娘がいた。

「なんか娘がすいません。えへへ。えへへ」

(娘、後で覚えとけな)


そして再びタクシーに乗ろうと財布を見た。
お札が1枚もないではないか。
そこで思い出した。


少し前に美容院にあった雑誌で特集を見た。
節約主婦はキャッシュカードとクレジットカードをあえて持ち歩かない。
使うときにそのつど財布に入れればいいらしい。


そうだ私もこれをやって節約生活。
そう思って家にわざわざ置いていた。
余計な事に感化されたおかげで家に帰れんではないか。バカバカ自分。
どうすればいいのだろう・・・



夫は幸い午前中で仕事を終わらせられると言った。
ならばせっかくだし演奏を見がてらあなたを迎えに行くと言ってくれた。
隣の県まで来てくれるということになった。

ありがたい。




夫がくるまでの3時間。
練習校から発表の会場まで地図を見ると15キロあった。
とぼとぼ歩いた。

貴重な小銭で飲み物を買った。

Googleマップの
東へ進めって、東ってどっちやねん。と
エセ関西弁でツッコミながら歩いた。
曲がる度にナビの残り時間が増えていくのはなぜだ。
多分ものすごい遠回りで駅伝並みの移動をした。

本番は睡魔とのたたかい。


結局。


吹奏楽の大会。

「おい、そろそろ娘の演奏はじまるよ。起きろ!」
と言われるくらい爆睡してしまった。



すんません。

これは全部遺伝なんで許してください。



ココ



https://kanahebijiro.com/in-a-pinch

コメント

タイトルとURLをコピーしました