こんな親がよかったと我が子をうらましがる歪んだ私の心

嫉妬心

自分が親になり子育てをしながら時々感じる事がある。

こんなふうに育てて欲しかった。
自分の子供がうらやましい。
こんな感じで自分の気持ちに興味をもってほしかった。
笑われるような事をするなと言われる度に、自分は笑われるような人間なんだと思っていた。

ありのままの自分を認めて愛していると、態度で示して欲しかった。

して欲しかった事を全てしてあげたい。それもある意味エゴな子育てだろう。

でも自分の中にいる幼い頃の自分が、自分の子供を羨ましそうに見ている。

なんてバカな自分。


つまらないことを思い出した。

私は小学生から高校生まで同じ自転車を乗っていた。子供の頃のサイズのままだったので高校生には小さく、自転車はサビだらけ。自転車置き場にピカピカの自転車ばかりが並ぶ中ひっそりとはじっこに停めていた。

高校1年生の時、目の前で3年生の女2人が地下道の入り口に停めた私の自転車を盗む現場を見た。二人乗りして大笑いしながら
「汚ねえ自転車だな。こんなの乗ってるやついるんだ」
「ピエロみたい」
「ギャハハ」

本当に目の前で。
カギを蹴って壊し盗む現場を固まったままじっくり見物してしまった。

笑い声と共に地下道に消えていった私の自転車を後ろから見ていた。

「ああやって壊せるんだ…」

自転車を目の前で盗まれた悔しさよりも、この自転車の持ち主が自分だと思われるのが恥ずかしかった。見栄っ張り発動。

私のボロボロの自転車は、その後駅の近くに乗り捨てられていた。しばらくするとまた学校の近くに乗り捨てられ、まるで乗り捨て自由のレンタサイクルのような使われ方をした。


それ以来学校の帰り道、私はいつも歩いていた。たまに友達が自転車をひいて一緒に歩いてくれたりした。可哀想なボロボロの自転車の存在を無視してしばらく過ごしていた。


あまりにもいつも歩いているからか、ある日近所の年上のお兄さんが車で通りかかり乗せてくれた。
「自転車は?乗ってくか?」

「自転車が盗まれて…」


本当はどこかにあるのだけど、恥ずかしくてそう言った。


笑われるような自転車を目の前で盗まれ、乗り捨てられている事がみじめで悲しかった。

でもそんな旧友のような自転車を恥ずかしがって見捨てている自分にも無性に腹がたった。


近所のお兄さんは5歳年上で、時々乗せてくれた。たぶんわざわざ通っていたようで友達と一緒だと素通りしてくれていた。好意をもってくれているらしい事を言われたが、根っからの陰キャな私はただその年上の人の話を聞いているだけだった。どこから聞いたのか祖父と暮らす家に電話が来て、たまに話すようにもなった。玄関の黒電話の前でドキドキしながら待った。
今思うと本当にお子様だったのだ。


ある日親のいる家に寄ると、両親が鬼の形相で待っていた。
お兄さんの車に私が乗っていたと、お節介で噂好きな誰かに聞いたようだった。
お兄さんは近所でもわりと目立つイケメンで、

「お宅の娘さんなかなかやるわね」「助手席にいたわよ」



そんな風に言われたようだ。




近所の人に馬鹿にされた。
高校生のぶんざいで。
ふしだらで恥さらしな娘。
頭は悪いくせにそんなことだけは覚えるのが早いのか。誰に似たんだ。早く卒業してとっとと家を出たら好きなだけ男と付き合うがいい。


私がいることで 町中から笑いものになっているような事を言われた。

そんな大げさな事か。

祖父と暮らす家まで帰る道すがら、涙が次から次へとこぼれた。


高校生のあの時、確かに私は親を呪っていた。

許せない。許せない。許せない


始まりそうな、まだ恋なのかさえ分からないような気持ち。なにもふしだらな事なんて起きてなかったお兄さんの優しさ。
みじめな気持ちで歩いていた私を 、ほんの数分乗せてくれただけでどんなに救われたか。
きっと分からないだろう。

親も心配だったのだろう。
想像力が豊かで、頭の中で一気に私がもてあそばれ不幸になる姿が浮かぶのだろう。
守らなければと思うあまり、相当に口汚く罵る悪い癖がある。
ようやく分かった親の気持ち。


でも、高校生の私は傷ついたのだ。
信じられないくらい泣きながら歩いた日のことはハッキリ覚えている。
穏やかに気持ちを聞いてくれたら話すことも出来ただろう。
なんだかとにかく悲しかった。



その後ボロボロの自転車を探し回り連れて帰った。お兄さんの車に乗るのも電話で話すのもやめた。
恋なのかさえ分からないままだったが悲しい顔をされた。いつもウヤムヤで逃げて終わるのだ。



そんな私が親になった。




子供を育てていく上で、母には助けられた。
なるほどそうかというアドバイスをたくさんもらった。感謝している。
孫はかわいいのだろう。数年前のある日こんな事を言われた。


「高校生になったら自転車は新しいの買ってあげなよ。ボロボロだと恥ずかしくて可哀想でしょ」


内心びっくりした。

スッカリ忘れていているのかな。

ずっと思っていたんだけど自転車が買えないくらいの貧乏ではなかったよね。

けっこう恥ずかしかったんだけど。

確かに小さい頃から物の使い方が荒くて、なんでもすぐダメにしちゃう子供だった。

どうせ自転車を買ってあげてもすぐダメにしちゃうから買ってあげないって誰かに言ってた。しつけだったんだろう。
やっぱり私はダメな子供だからな。

でも恥ずかしかった。


幼い頃の自分の気持ち。
これはかなりしつこい。

癒してあげようか自分が。




ココ













コメント

タイトルとURLをコピーしました