私について

もうちょびっと体をたいせつにしなければ。

私について

生まれてから50数年。


キャパが狭いからいつも目の前の事に追われている。
のんびりすることが苦手で、毎日気持ちに余裕がないタイプだった。

そのせいか日々の暮らしで精いっぱいで自分の体というものを丁寧に使っていなかった気がする。


半世紀も生きているのだから見た目や細部の劣化は当然のことだが、お手入れ次第でどうにかなる事も疎かだ。



考えてみれば最終的には誰でも躯になるのだ。
それまではもう少し自分の体というものをていねいに使っていこうと最近思っている。

秘密だらけ。



自分の足の裏の角質が前から気になっていた。


テレビで芸能人が足つぼを押されたりして、裸足で騒いでいるのを見るたびにいつも思う。

人前に足の裏を晒せるのが凄い。
芸人さんがイメージと真逆に綺麗な赤ちゃんみたいな足裏だったりするとそれだけで素敵だ。


自分だったら人前に足裏をさらすのは躊躇してしまう。

色々な角質ケアの道具やクリームだけは買ってあるくせに自信を持って出せるほど美しくない。
毎日忙しいふりをしてそこそこのお手入れで終わっできたのは単なるズボラだからで本当に恥ずかしい。

何年もの立ち仕事を経てしっかり育った足裏は、頑固で固まった自分の頭のようにコチコチだ。
表に出せない自分の本心のような秘密にしたい足裏。


堂々と自信を持って出したい。
この長年溜め込んだ足裏を徹底的にお手入れすることにした。

それでなくても長年さぼっていたのでものすごくやりがいがある。
やりすぎてヒリヒリするくらいだったが結果が出てくると面白い。
極端なのでやり出すと足が減るんじゃないかというくらい削り続ける。

最近は暇さえあれば触りたくなる足裏で一枚皮を剥いだような感じ。
部屋の中を裸足で歩くとき足が軽くなったかのような柔らかさ。

でもこれでやっと普通の足になった程度で、これからは目指せ赤ちゃんの足だ。


今までもこれからも私を支えている足裏をもう少し大事にしなくてはと思っている。

飽き性だがこれだけはキープしたい。

普通の人は当然のようにやっていたことなんだろう。

神秘的とさえ思った。




実は去年、自分に起きた現象が
不思議でずっと触っていた部分がある。


カットに行ったら「うしろに円形脱毛が1つできてますよ。」と顔見知りの美容師さんに教えてもらったのだ。

この美容師さん。
カットが上手で美人で素敵な人なのだが、ものすごく無口で人見知りだった。
カットの必要なことを話すと天気の話題くらいで、そのあとほとんど話さない。集中して切ってくれる。

それが本当に心地よい時間だった。

時々思い出したように交わす会話がほどよい距離感の人だ。

どぎまぎした感じで心配そうに、すごく言いずらそうに教えてくれた。

うしろは自分では気が付かないので見つけてもらいありがたかった。

自分は別にいいのだが当時は働いていたので職場の人だったり周りの人が後頭部にハゲを発見してしまうとドキドキさせてしまうかもしれない。

うっかり見えないようにうまく隠さなければ周りに申し訳ない。

別にショックとかはなく、円形部分がどうなっているかが本気で興味津々だった。




美容師さんがあまりにも気を遣って気まずそうにしているので、
「円形なんてなんか繊細な人になったみたいなで中二心がくすぐられる〜」
こんなバカなことを言って微妙な空気にしてしまった。


500円玉くらいの大きさのハゲた部分をそっと触ると、生まれたばかりのハダカのネズミのようなつるつるの感触だった。


別に大変なストレスを抱えるほどの大問題があった訳でない。
でもきっと些細なことで人は無意識のストレスがあるのかもと考えるきっかけになった。



合わせ鏡で見た私の円形脱毛はいかにも

けなげにがんばっている自分の体
って感じだった。



まるで私自身が勝手にリーダーとして俺のやり方を通しているのに、
体が反抗しながらアピールしてきているようだ。

「ちょっと一回現場を見てくださいよ!こんななんですよ。無理!」
「環境改善を求む」
そんな事を言ってきてるかのようにも見えた円形脱毛。


私はぐうたらしていてもリラックスするのが苦手でいつも頭の中でなにか問題を探す癖がある。
ちょっと一旦頭の中をゆっくりさせろってことなんだろう。

最近はチリチリと毛が生えて来ている。それがまたかわいい。
あんなにつるつるだったのにいつの間に。
本当に不思議だと思う。



デトックスしたい今日このごろ。


最近。
いい加減だった自分の体をちゃんとしたい。
出来る気がしないがダイエットもしたい。



チョコもあんこも好きすぎる。
いい加減に台所で立ってかきこむように食べたり、冷蔵庫を開けたついでにチョコを食べていた生活。

胃にしてみれば休みなく何かが補充されて迷惑だったろう。


もう少しだけ体が軽くなりたい。
これまで食べすぎた内臓を休ませたい。
今までのため込んだものをデトックスしたい。



それにしても。


ダイエットを始めるぞと決めると急に気になるラーメン屋さん。
Twitterやブログを見るとおいしそうなものばかりが目に飛び込んでくる。
こんな時に限って「これは絶対に天ぷらで食べると最高だよね」という山菜を大量にもらったり、散歩中に気になるパン屋さんを見つける。
どこかのお土産のお菓子が家に集まりだす。

この現象は何なのだろう。


根が卑しいのか意地汚いのか
「数日後からダイエット」
そう思って冬眠前のクマのように食いだめをしていた。


実はGWが終わったらやってみたいダイエット方法を見つけた。
それをやればどんな感じに仕上がるのか楽しみだ。

続いたらの話。




                    ココ

コメント

  1. ココココ より:

    体からのサインを無視しがちでした。
    でももう折り返し地点の年齢になっているので少しは大事にしなきゃと思うようになりました。

  2. ひでぴん より:

    こんばんは、
    身体は正直なんですよね…
    無理していないように思えても何気にサイン出してくれて気づかせてくれる。
    せっかくのサイン、やっぱり気のせいか?は禁物かな😅

  3. ココココ より:

    わりと足裏仲間がいて嬉しいです(*´`)
    そうなんですよね
    食べることを上回る目標をもてばいいんですよね(^^
    ドレスかっこいいんだろうな〜(//∇//)

  4. ココココ より:

    本当になぜタイミング良く食べ物が目につくのか不思議でならないです(*´罒`*)
    諦めたくないなー( /// ´ิϖ´ิ/// )

  5. ココココ より:

    つぶあんさんありがとうございます(*´`)
    ダイエット自分に甘いですが頑張ります(//∇//)

  6. ココココ より:

    頑張ってる足はみんな固いんだってコメント読んでホッとしてます(*´罒`*)

  7. たき子 より:

    踵なんてずっとメロンパン状態よ^^;
    きれいにしてもすぐ戻っちゃうから続かないんだよね。。。
    ダイエットはめっちゃ久しぶりに成功しつつある!人前でドレス着るというモチベーションあると頑張れるんだ〜♪

  8. スティンガー五郎 より:

    ダイエットを高らかに誓った夜に限って、食テロドラマや食テロツイートなどを見てしまい
    「ダイエットは明日からぁ~!」と、連日先送りにしている状態が何ヶ月も続いております。

    もう諦めたほうがいいのかもしれません。

  9. つぶあん より:

    ココさんこんにちは。いつもブログに来てくださりありがとうございます。
    足裏の気持ち共感しました。立ち仕事って足に負担かけますよね。いたわってあげたい部分です。
    円形脱毛症、忘れた頃のストレスの表れかもしれませんね。身体って本当に不思議です。ダイエットは是非楽しめるものを~♪

  10. 土偶のどっ子 より:

    足の裏、私もヤバいです(笑)ケアしなきゃ〜と思いつつ、見ようと思わなきゃ見えないところだから、忙しさにかまけて現在にいたる💦長い間頑張ってきた身体だもん、いたわってあげなきゃですね😊
    スマホ機種変して、Twitterにログイン出来なくなりました💦パスワードも忘れたというバカっぷり😱
    なので、しばし私のTwitterはつながりません💦一応お知らせしておきますね😅

  11. ココココ より:

    やっぱり体と心は繋がってるんですね(*´`)
    自分を労わっていきましょ(^🐽^)
    自分にご褒美おやつはやめたいです😁

  12. ココココ より:

    頑張り中の足はやっぱりかちかちなんだよねー(¯―¯٥)頑張って柔らかくするわ( /// ´ิϖ´ิ/// )
    ダイエットは…なかなか( *¯ ꒳¯*)ナー

  13. 鳥天 より:

    足の裏ね!あれ私も仕事辞めてから気になって削ったわ!
    酷い時はカチカチでひび割れたりしたんだけれどね、手入れしたら赤ちゃんまではいかないけれど柔らかくなるよね!
    ダイエットはなかなかねぇ(*´艸`)胃袋まだまだ頑張ってくれぃ!とばかりに…
    美味しいものと可愛いちゃんが残りの人生のライフワークだからな、仕方あるまい(*´艸`)

  14. AKAZUKIN より:

    ダイエットを始めるぞと決めると急に気になるラーメン屋さんって、すごくわかります!!
    落とさなきゃって思ったら、余計に何か食べたくなってしまって・・・
    あと身体って正直ですよね・・
    私もストレスで抜け毛がひどかった時期がありました。
    美容師さんに見てもらって、わかりにくいように上手く切ってもらったりしてました。

タイトルとURLをコピーしました